見出し画像

街の変化、街のデザイン。

三宮再開発


神戸三宮阪急ビルがいよいよオープンします
震災から26年
大きく街が変わろうとしています
プレオープンを覗いて来ました

サンキタ通りが綺麗になって
蛇行道路になって
鋪道が広がって
飲食店のテーブルが出て
まるでパリのような(笑)

コロナ禍でのオープンは
関係者の皆様にとって
なんとも複雑な心境だと思います
いろんなメディアで
三宮のランドマークと
称されていますから
期待も大きい

ランドマーク?
三宮のランドマークって
何だったんだろう
旧そごう、市役所庁舎、ミント神戸、東遊園地
ちょっと足を伸ばして
神戸税関、KIITO、旧居留地・・・
南口ばっかり
北口は再開発が遅れていたんだと
改めて痛感
でも三宮北口周辺のゴチャゴチャした感じ
とても好きです
飲み屋と飲食店、いろんな小売店が
ところ狭しと並んでいて
無秩序で曖昧そして混沌
都市の魅力を構成する要素です





サンキタ通りの裏側(南側)
新旧の街の顔が共存
古いものを排除するのではなく、
まるで路地をつくったような
一体感のあるランドスケープデザイン
こんな雰囲気のある場所が
市の玄関口である三宮駅と直結

もう少したったら、
迷子のように探索してみたい
エリアです

神戸にお越しになるときには
是非とも立ち寄って欲しい場所です

スキありがとうございます!
5
神戸市経済政策課が運営する、神戸市内で活躍しているクリエイターと企業がつながるウェブサイト「KOBE CREATORS NOTE」の公式noteです。 私たちの取り組みの紹介や、神戸で活躍するクリエイターの作品や仕事などを発信していきます。