Pick Up Creators

6

Kobe Mural Art Projectー秋田大介 ・saggy steez

神戸市役所の建物に色鮮やかな壁画が描かれたのを目にした人も多いはず。 実はこれ、Kobe Mural Art Projectが仕掛けたもので、2020年3月に閉鎖された市役所本庁舎2号館に3組のアーティストが絵を描きました。そして、それらに呼応するかのように、市役所の北側に隣接するクーリングタワー防音壁にも4…

新しい三宮駅前広場、どんな空間になりますか?―建築家・ALTEMY 津川恵理

大学院を修了して、日本の設計事務所で3年働いた後、文化庁新進芸術家海 外研修員としてニューヨークへ。世界的に知られる建築事務所「ディラー・ スコフィディオ+レンフロ」(DS+R)で経験を積んだ津川恵理さん。そんな津川さんが三宮駅北側にある「さんきたアモーレ広場」のデザインコンペで最優秀…

デザイン業と経営、その舵取りを教えてください!ーJAM DESIGN 網本雅生

網本雅生さんは、神戸でデザイン業を始めて35年以上。経営するJAM DESIGN(ジャムデザイン)には、20人以上のスタッフが在籍しています。 大学を卒業し就職。その半年後に「なんか違う」と思ったことから、デザインの専門学校へ通い、デザイン会社でのアルバイトも始めたという網本さん。そのまま就職…

「078KOBE」と「アーバンデザインセンター神戸」、その共通項はまちづくり!?―神戸大学…

音楽、映画、インタラクティブ、ファッション、キッズなど、さまざまな分野を横断したイベント「078KOBE」。2017年から年1回のペースで開催されてきた、この企画の実行委員長として名を連ねるのが神戸大学のシステム情報学研究科准教授の藤井信忠さん。どうしてシステム情報学の先生がこれを!? そんな…

クリエイティブディレクターってなんですか?― 平野拓也・西山まさき

神戸市には、2015年からクリエイティブディレクターという専門職ができました。その3人目=3代目として2018年からその職務についているのが平野拓也さん、そして、2020年に採用されたばかりの西山まさきさんが4代目です。 神戸市クリエイティブディレクターとしての仕事、それぞれのデザインの考え方…

行政のデザイン仕事を「楽しく」やる必勝法!?ーデザインヒーロー 和田武大

彼を知る人の間では、「ヒーロー」ともあだ名される和田武大さん。あるイベントの準備を参加者だった和田さんがさり気なく手伝ったときに、「困ったときに現れる、ヒーローみたいですね」と言われたことが、屋号のきっかけになっているそう。 「自分でヒーローを名乗るのってハードルあるので、すごく…